NIC international college in japanの留学例


欧米大学への留学を成功させたい場合、
一番の近道は、留学準備専門の教育機関を利用すると言う方法です。

しかし、留学準備専門の教育機関といっても、
実に様々あります。

一体どのような基準で、こうした留学準備校を選べばよいのでしょうか?

今回はそんな、留学準備校を選ぶ際のポイントをお伝えしたいと思います。

まず第一に、「教育プログラム」がしっかりしていること。

ただ単純にTOEFLの点数を上げるためのカリキュラムは、
避けた方が良いでしょう。

留学後は、実生活における英会話能力はもちろん、
現地の学生と同等のレポートを提出できるだけのライティング能力、
そして、討論で自分の考えを述べられるような思考力が必要となります。

単にTOEFLの点数をクリアするのであれば、独学でも可能です。
重要なのは、現地に行っても通用する“実践的”な英語力を身に付けることです。

例えば、欧米留学の登竜門とも言われるNIC international college in japanでは、
日本型から欧米型への授業に適用できるよう“転換教育”に力を入れています。
NIC international college in japanの転換教育では単に英語を学ぶのではなく、
クリティカル・シンキングと呼ばれる独特の思考法も身に付けられるのです。

次に重要となってくるのが、“多くの先輩がいる”ということ。

先輩の数が少ないと、留学を経て、
どのようなキャリアを形成していけるのか、
身近な参考例がなく、将来のイメージがつきづらくなります。

NIC international college in japanの場合では、
数多くの先輩たちを海外の大学へ輩出しており、
そうした先輩たちは現在、様々な業種で活躍しています。

NIC international college in japanでは、
こうした多くの先輩達の話を聞く機会に恵まれており、
留学へのイメージ、そして卒業後のキャリア形成に対するイメージが、
非常に湧きやすいのです。

一部の先輩たちの留学体験はNIC international college in japanの
HPでも見ることが可能です。
留学を考えている方は、参考にしてみると良いでしょう。

このように、留学準備の学校を選ぶ際は、
単に学費の安さや設備を見るのではなく、
様々な角度から検討していく必要があるのです。

ここでも述べたNIC international college in japanであれば、
まず問題ないですが、
NIC international college in japanに通うことのできないという方は、
上で述べたポイントを参考に、
学校を選んで見ることをオススメします。